たぬぽん日記

スイーツ、ラジオ、無線、街ぶら、山歩き などを書いています。

茨木市 阿武山 竜王山 ハイキングとオンエア

早いもので5月も終わりになります。5/30(日)は、早々から移動運用をしようと計画していたので、計画通り茨木市まで足を運んできました。5月はゴールデンウィークもあったため振り返ってみると5回移動運用を行っていました。今回の移動運用先は、阪急茨木市駅からバスに乗って行く場所です。阿武山(280m)に登った後に、竜王山(509m)までの約11キロのコースです。茨木市駅-<阪急バス >-安威バス停-阿武山 山頂-竜王山-忍頂寺バス停-<阪急バス>-茨木市駅 のルートです。

安威バス停で下車し、YAMAPを利用して登山道を見つけます。山ランの先輩に教えてもらったYAMAPはGPSでリアルタイムに自分のいるところが分かるうえ、目標値のルートがYAMAP上に登録されているところであれば、ルートから外れた場合に直ぐに気づくことができるため本当に便利です。スマートフォンの電池が早く消耗するので、容量大き目の充電池は必須アイテムになります。登山道を暫く歩くと、阿武山古墳という古墳があります。藤原鎌足の墓であるという説があるそうです。山には城跡や古墳があるところが多く歴史好きの方にとって、楽しい場所なのでしょうね。わたしも少し興味を持って調べてみたいと思うのですが、なかなか長続きしません。程なくして山頂に到着しました。時刻は、8:11です。登山時間にして40分くらいですかね。ここで無線機を取り出して、ワッチをしていると既に大和葛城山に移動されているJR3*DO局の声が聞こえてきましたので、朝のご挨拶を兼ねてQSOさせて頂きました。JR3*DO局は、良く大和葛城山QSOされているので、そのうちアイボールさせて頂きたいなと思っています。その後、堺市中区 JA3*PN局、天川村 高城山(1111m)移動のJP3*SW局ともとながり交信を楽しみました。竜王山へは、3時間程度掛かるため9時過ぎには、この場所を後にしました。

f:id:tanupon55:20210603222447j:plain

安威バス停で下車し登山道の入口

f:id:tanupon55:20210603222501j:plain

途中の阿武山稲荷神社でお参り

f:id:tanupon55:20210603222519j:plain

山芋は取って帰っちゃダメ!

f:id:tanupon55:20210603222533j:plain

阿武山古墳は、藤原鎌足の墓という説がある。

f:id:tanupon55:20210603222547j:plain

阿武山(280m)からの眺望。良く電波飛びます。

f:id:tanupon55:20210603222604j:plain

阿武山 山頂のシンボルのようです。

阿武山山頂から、竜王山に向けて歩き始めます。途中、眺望の良いところがあったので再度無線機の電源を入れると、今日はたくさんの移動運用局が方々の山に登られており、QSOしたかたったのですが、どちらの局も忙しくされていたので諦めて竜王山山頂に向かうことにしました。途中、車道を暫く歩いた後に東海自然歩道の一般コースを歩く予定でしたが、間違ってもの武士自然歩道に入り結構きつい山道を登ることになりました。30分くらいは遠回りしてしまったのではないでしょうか。その代わりということでもないのですが、竜仙の滝という滝を通るルートでしたので、見事な滝を見ることが出来ました。この日は結構暑かったので、滝で少し涼んで元気を取り戻しました。

f:id:tanupon55:20210603222632j:plain

樹々の間から差し込む日差しがきれい

f:id:tanupon55:20210603222645j:plain

眺望の良い場所でワッチ!たくさんの局のQSOが聞こえました。

f:id:tanupon55:20210603222700j:plain

僕が好きな尾根づたいの道

f:id:tanupon55:20210603222733j:plain

竜仙の滝 涼しい・・・

 竜仙の滝を楽しんだ後は、いよいよ最終目的地の竜王山を目指します。この滝のあるところまで結構山道を下って来たのですが、まだまだ下り、一度車道に出てから竜王山に登りなおすようです。登らなきゃならないのに、こんなに下らなくてもいいよと言った感じでした。竜王山の麓は、車作という地域で江戸時代に畑中権兵衛さんが作った深山水路があります。田畑が多い地域で水不足を解消するために作るれたものなので、地元ではきっと有名な地域なのだと思います。そこを過ぎると、竜王山の登山口となります。

f:id:tanupon55:20210603222747j:plain

車作から竜王山への道標 意外と分かり辛いのでYAMAPが役立ちます。

f:id:tanupon55:20210603222802j:plain

深山水路の紹介

f:id:tanupon55:20210603222816j:plain

深山水路 きれいな水が流れる

f:id:tanupon55:20210603222846j:plain

竜王山 登山道入り口 この先は、ほぼ直線の登山道です。

竜王山の登山道は、ほぼ直線であり、登り始めてすぐに小さな神社があります。そのあとは、ずっと階段が続きます。時間にすると30分くらいなのですが、一度山を下っているので結構答応えました。頑張って頂上に辿り着きました。

f:id:tanupon55:20210603222829j:plain

登山道入り口を過ぎたところの神社

f:id:tanupon55:20210603222918j:plain

頂上の三角点を知らせる看板

f:id:tanupon55:20210603222932j:plain

竜王山 三角点

先週くらいから感じているのが、暑さが増してきているため、熱中症にならないように小まめに水分補給をする必要があります。また登山と無線運用をしていると、時間が経つのが早いので食事がおろそかになりがちなのですが、しっかり腹ごしらえをしてから運用をしないと途中で体力が尽きてしまいます。こちらの場所では、合計13局と交信することが出来ました。この日は、Twitterでこの山にいることをお伝えしていたので、ローカル局からもお声掛け頂けました。山に登るとたくさんの局長さんからお声が掛かるので、なかなか捕まえられなかったようで申し訳なく思いました。お相手頂きました各局様、ローカル局のJQ3*JX局、JR3*RZ局 どうもありがとうございました。それから、京都府木津川市から最後にお声掛け頂きました JH3*UB局 久しぶりに交信で来てうれしく思っております。

f:id:tanupon55:20210603222947j:plain

運用を行った場所。

f:id:tanupon55:20210603223000j:plain

展望台がありますが、登る時間がありませんでした。

帰りは、反対方向に30分ほど下ったところにある忍頂寺バス停から阪急茨木市行きのバスで帰りました。なお、竜王山は山頂付近の宝池寺まで車道が付いていますので、駐車場は少ないですが、車やバイクなどで来ることもできると思います。

f:id:tanupon55:20210603223014j:plain

宝池寺は、頂上からすぐのところです。

f:id:tanupon55:20210603223029j:plain

駐車できそうなスペースです。

 では、また次回もよろしくお願いいたします。

交野市 妙見山 府民の森 ほしだ園地

5/23(日)交野市 妙見山(143m)山ラン移動に行って参りました。先日の大東市 飯盛山に続き、もう少しだけ先の移動地になります。JR学研都市線 星田駅が最寄駅で、そこからは約30分ほど歩いてのコースです。星田駅から南東に向いて住宅街を歩いて行くと、左に星田妙見宮の案内があるので、それに従って進みます。程なくして、星田妙見宮 参道に到着しますので、本殿に向かって階段を登っていきます。

f:id:tanupon55:20210602215235j:plain

星田妙見への案内

f:id:tanupon55:20210602215320j:plain

星田妙見 参道

f:id:tanupon55:20210602215410j:plain

本殿 および 山頂へ向かう階段

本殿手前の神社の受付付近に、展望が開けているところがあります。ここから大阪市内方面の眺望はバッチリですが、狭い参道付近で人も行き交うため、さすがにこの場所で運用は出来ないですね。本殿とその左奥にも幾つかお社がありますので、今日の登山の安全を祈願してから頂上を探すことにします。

f:id:tanupon55:20210602215509j:plain

本殿付近からの眺望は、西(大阪市内)方向が見えます。

f:id:tanupon55:20210602220158j:plain

本殿です。参拝者はわたしではありません。

山頂には、本殿を少し降りたところを左に曲がると別のお社が幾つかあります。その辺りをうろうろしていると、山頂への入口らしき場所が見つかりましたので、そこを入って行きます。高い方向に上がっていくと、三角点を見つけることができました。どうやらここのようです。合わせて、頂上を知らせる標識も見つけたので間違いないようです。この場所で、トランシーバーを取り出して、ワッチしていると山ランメンバーのJM3*VH局の声が聞こえて来て、ちょうど交信が終わるところでしたので、お声掛けしました。JM3*VH局 本日は、交野市 交野山(こうのさん・341m)に移動をされておりました。この後、わたしは府民の森 ほしだ園地に移動しますので、この交信でこちらの山頂をあとにしました。

f:id:tanupon55:20210602220329j:plain

山頂に向かう入口

f:id:tanupon55:20210602220619j:plain

三角点を見つけました。

f:id:tanupon55:20210602220829j:plain

妙見山 143m 到着

星田妙見宮の参道を出て、府民の森 ほしだ園地へは、住宅街を通って行くと自動車の通る道に案内が出ているのでそのとおりの道順です。概ね40分くらいで到着します。なお、コロナ緊急事態宣言中で、ほしだ園地の駐車場は閉鎖されているので、この時期は車で行くことは出来ません。しばらく歩くとこんな登山道の入口にたどり着きます。あとは、きれいに整備された登山道を歩いて行くのみです。

f:id:tanupon55:20210602222133j:plain

ほしだ園地 登山道入り口

展望所方面の登山道を歩いて行くと、直ぐに展望所に着きます。到着時には、人がたくさんいましたので、他にいい場所がないかを見つけに ほしだ園地内をぐるっと回ってみたのですが、眺望の開けている場所が、展望所しかなく結局、この展望所に戻って運用を行いました。

f:id:tanupon55:20210602222806j:plain

展望所方面に行きます

f:id:tanupon55:20210602223119j:plain

ほしだ園地 展望所

とその前に、ほしだ園地を回った際の写真も載せておきます。ひとつが、ヤッホーポイント。ここからヤッホーを叫ぶと良い感じに響いて帰ってくるのだと思います。わたしは一人でしたので、やりませんでしたが、展望所での運用途中に叫び声が聞こえましたので、皆さんはされているようです。あと、この場所は何年か前に国体の会場になった場所で、ロッククライミングが出来るところがあります。緊急事態宣言が発出されている状況ですので、営業はしておりませんでしたが、写真だけ載せておきます。

f:id:tanupon55:20210602224449j:plain

ヤッホーポイント

f:id:tanupon55:20210602224521j:plain

ロッククライミング 練習所

さて運用の話題に移りたいと思います。最初に、岸和田市 神於山(こうのやま・296m)に移動中のJP3*TJ局の声が聞こえましたので、運用を終えられる直前のようでしたが、お呼びしまして少しお相手頂きました。こちらの山には、行ったことがないのですが、360度の眺望が開けている場所とのことで、わたしも行ってみたいと思っています。その他は、高槻市 JJ3*TB局、枚方市JO3*UX局、枚方市 国見山の麓 JA5*LJ局、京都市下京区 JS3*SI局、交野市 JS3*EQ局 お相手ありがとうございました。このあたりで山ランのお話をQSO中にしますと、必ずJM3*VH 局の話題が出てきます。長年山ランでご活躍されているので、有名なのだと感じました。では、これからの季節、コロナと熱中症には気を付けて移動運用を楽しみましょう!

飯盛山 FM局アンテナ 見てきたよ!

5/9(日)大東市 飯盛山にハイキングとオンエアに行ってきました。飯盛山と言えば、在阪FM局のアンテナがあることを知っていたので、いちど行ってみたい場所でありました。飯盛山登山の最寄り駅は、JR学研都市線(昔の片町線)の四条畷または野崎駅になります。それぞれの駅から登山道があります。 

 

 

飯盛山 山頂は、標高314mで生駒山より北西に寄った場所になります。大阪府四條畷市大東市に渡っており、北側は府民の森があります。東側は生駒市北部に位置します。飯盛山 頂上には、南北朝時代の武将 楠木正成(くすのきまさしげ)の長男 楠木正行(くすのきまさつら)と戦国時代の武将 三好長慶(みよしながよし) の銅像があります。戦国時代に建設された飯盛城の城址でもあり、石垣が今でも残っています。城址は詳しく散策出来ていません。

四条畷駅から登って野崎駅に降りるコースで回ってきました。もちろん、頂上では山ランを兼ねたオンエアを実施しました。四条畷駅から歩いて15分くらいで、四條畷神社に到着します。こちらの神社に楠木 正行が祀られています。登山の安全をお祈りして、登山道に入ります。観光や付近の住人が日頃から散歩(散歩には少々ハード)に利用するハイキングコースとなっているので、登山道はとてもきれいに整備されています。四條畷神社方面から頂上を目指すコースは、坂道がきついので登山道の一段当たりの高さが高いのでつまづいて転ばないように注意が必要です。30分くらいで頂上付近まで登れました。眺望270度スポットと呼ばれる場所では、京都市内方面から淡路島まで270度の眺望が楽しめます。ただし、広くないので登山客が多いと長く滞在するのは難しいです。

f:id:tanupon55:20210515082828j:plain

四条畷駅(JR学研都市線

f:id:tanupon55:20210515082841j:plain

四條畷神社に向かう道 天気良好!

f:id:tanupon55:20210515082853j:plain

f:id:tanupon55:20210515082906j:plain

四條畷神社 楠木正行ゆかりの神社

f:id:tanupon55:20210515082402j:plain

f:id:tanupon55:20210515082429j:plain

登山道 整備されているが坂は急です。

f:id:tanupon55:20210515082442j:plain

眺望270度スポットから淡路島~大阪平野~京都方面の景色が楽しめます!

眺望270度スポットから、山頂ヘは15分もあれば到着できます。頂上には展望台があり、大阪平野のパノラマが楽しめます。今日は、霞んでいて遠くが見えず残念です。頂上に三角点は無く、楠木正行銅像がある場所(当時の本丸があった場所)が山頂のようです。

f:id:tanupon55:20210515082457j:plain

f:id:tanupon55:20210515082525j:plain

f:id:tanupon55:20210515082538j:plain

展望台から大阪平野の眺望が楽しめる

f:id:tanupon55:20210515082551j:plain

f:id:tanupon55:20210515082616j:plain

f:id:tanupon55:20210515082625j:plain

f:id:tanupon55:20210515082634j:plain

山頂(当時の本丸)の位置 楠木正行銅像がある
謎のGPアンテナは何に利用されているのか不明

山頂で、山ランQSOを実施しました。最初に堺市堺区 瓦町公園移動 JQ3*KR局をからの応答頂き東は高槻~南は和泉市まで合計8QSO出来ました。枚方市の山ランメンバーのJM3*VH局からも応答頂きました。この辺りの山もたくさんあるそうなので、登りに来ますね。

ここに来るもう一つの目的は、在阪FM局の送信所がある場所を見ておきたかったので、そちらに移動しました。ちょうど野崎駅に下るコースの途中です。NHK大阪FMとFM大阪がひとつの送信所にまとまっていて、FM802は別の建物になっていました。後で分かったことですが、FM COCOLOは、生駒山に送信所があるらしいです。

f:id:tanupon55:20210515082712j:plain

f:id:tanupon55:20210515082700j:plain

NHK大阪FMとFM大阪の送信所 こっちのアンテナは大きくて立派

f:id:tanupon55:20210515082737j:plain

f:id:tanupon55:20210515082725j:plain

FM802の送信所 右側のNHKFM大阪の送信所ともケーブルがつながっている
こっちのアンテナは思ったより小さいんですね。

この後は、野崎観音~JR野崎駅に向けたハイキングコースを下ります。こちらの道は、なだらかで歩きやすかったです。途中、岸和田市 蜻蛉池公園移動のJQ3*JX局を呼びレポート交換をしました。*JX局は最近、SOTAからPOTAの運用に移行されているようで、蜻蛉池公園はPOTA対象の公園に登録されているようです。

f:id:tanupon55:20210515082804j:plain

f:id:tanupon55:20210515082816j:plain

野崎観音をお参りしてから野崎駅に向かいました。

今回は、家を出たのはAM10:30くらいだったのですが、十分楽しいハイキングを楽しめました。コロナの緊急事態宣言が解除されたら、他の府県にも足を伸ばしたいですね。皆さんと山頂からお会いできることを楽しみしています。では、今日もFBな一日を・・・。

富田林 嶽山 石川の河原 オンエア

5/3(月)富田林市 嶽山 278m の山ランに行ってきました。遠くの山行こうとも考えたのですが、周りの声もありまして近所の山にお散歩気分で出掛ける程度に留めておくことにしました。近鉄長野線 汐ノ宮駅から願照寺の脇道を城山オレンジ園に抜ける山道があり、城山オレンジ園の入口を横切って、龍泉寺/かんぽの宿方面の道路を歩いて行きます。言うのを忘れましたが、嶽山は、かんぽの宿の敷地内にあります。

城山オレンジ園は、観光農園でみかん狩りや芋掘り、バーベキュー、アスレチックなどが出来る施設です。今回のコロナウイルスの影響で、遠くに遊びに行けない家族連れや友人どおしで密にならないように遊びに来られているようでした。

f:id:tanupon55:20210505232512j:plain

近鉄 長野線 汐ノ宮駅 ここから歩いて行きます。

f:id:tanupon55:20210505232541j:plain

石川 きれいな川が流れています。

f:id:tanupon55:20210505232613j:plain

願照寺の脇から城山オレンジ園に通り抜けできます。

f:id:tanupon55:20210505232629j:plain

f:id:tanupon55:20210505232644j:plain

f:id:tanupon55:20210505232659j:plain

f:id:tanupon55:20210505232713j:plain

こんな感じの道標が順に出てきます。

f:id:tanupon55:20210505232743j:plain

城山オレンジ園の入口 ドラえもんがお出迎えです。

城山オレンジ園さんには入園せずに、通り過ぎてかんぽの宿を目指します。ここからは、舗装された道を下る形になります。すると大通りの前にも看板があって、城山オレンジ園を案内しています。

f:id:tanupon55:20210505232810j:plain

f:id:tanupon55:20210505232823j:plain

ザリガニ釣りが有名なようですね。ザリガニは、小さい頃は
近所の川や用水路にたくさんいたのを思い出します。

f:id:tanupon55:20210505232836j:plain

大和葛城山金剛山が見えてきます。この辺りで、430MHzをワッチ開始すると
山ランメンバーの声がしてきました。

f:id:tanupon55:20210506000240j:plain

間もなくかんぽの宿 到着いたします。

かんぽの宿に到着。嶽山はインターネットでの検索では建物裏テニスコートの脇から入るようなのですが、外から行こうとする場所は立入禁止となっているため、フロントの方にお願いをして入れて頂けることになりました。嶽山は、かんぽの宿の敷地内なので無断で立ち入ることは出来ないようです。併せて、温泉の工事中で基本は入れなくなっています。

f:id:tanupon55:20210505232918j:plain

工事中のところを通して頂きました。ありがとうございました。

f:id:tanupon55:20210505232849j:plain

f:id:tanupon55:20210505232903j:plain

嶽山 山頂です。ここで運用をさせて頂きました。

いつも山ラン運用の際にお声掛け頂いている、JL3*EQ局、JA3*PN局、JP3*PM局、大日岳移動のJH3*FF局から応答を頂き山ランの運用を終えました。帰りは、初芝富田林高校の前を右折し、滝谷不動に寄って、近鉄 滝谷不動駅に戻ります。

f:id:tanupon55:20210505232931j:plain

帰り道、緑色のタンク前の道を右に行くと行き止まりになります。

f:id:tanupon55:20210505232945j:plain

もうひとつある、白色のタンクの右を行くと初芝富田林高校の前に出ます。

f:id:tanupon55:20210505232959j:plain

f:id:tanupon55:20210505233013j:plain

JP3*PMさんがバイクで来られて、帰りにブレーキが利かなくなったくらい
急な坂道は恐らくこれだろう。

f:id:tanupon55:20210505233027j:plain

畑のあぜ道 花とバッタ

初芝富田林高校を右に回ると、滝谷不動方面に向かう舗装されていない道が続きます。15分ほど歩けば、滝谷不動に到着します。お参りをさせて頂きました。

 

f:id:tanupon55:20210505233043j:plain

f:id:tanupon55:20210505233056j:plain

滝谷不動へのお参り

滝谷不動から、近鉄 滝谷不動駅への道の途中で石川の河川敷に寄り道をしました。ここでもCQを出してみましたが、応答はありませんでしたので、帰宅することにしました。

f:id:tanupon55:20210505233123j:plain

f:id:tanupon55:20210505233137j:plain

f:id:tanupon55:20210505233151j:plain

石川の河川敷 きれいに整備されています。家族連れが数組いらっしゃいました。

f:id:tanupon55:20210505233204j:plain

近鉄 滝谷不動駅 到着。お疲れさまでした。

散歩がてらの嶽山ハイキングでした。山ランを開始して、近隣の市へ出かけることが多くなり、駅と山と町の位置関係がすこしずつ分かるようになってきました。自分で動くことで、机上やコンピュータでは気付けないことがたくさんあると思います。

服部川~十三峠~高安山 ハイキングとオンエア

5/1(土)八尾市に位置する高安山にハイキングと移動運用に出掛けました。本当なら、明日の日曜日がベストなのですが、今日の午後から天気が崩れ、明日は一日中雨の予報となっているため、予定を前倒しして行くことにしました。

往路は、南海電車新今宮乗換、JR環状線で鶴橋、近鉄大阪線で山本、近鉄信貴線服部川駅下車であとは徒歩での移動になります。復路は、近鉄信貴線信貴山口(服部川のひとつ向こう)から電車に乗って往路の逆で帰宅になります。

高安山より信貴山口までの下山は、歩く予定でしたが天候が怪しくなってきたため、今回はケーブルで下山することにしました。  

 

 7時40分に服部川駅に到着。このまま、十三峠を目指してハイキングを開始します。途中のハイキングコースまでは、地元の村の中の道を歩いて行く形になります。民家の畑に植えられている花がきれいに咲いていて、ハイキング気分を一層盛り上げてくれます。このあたりの道は、スマートフォンのマップ機能で進んで行く形になりますが、スマートフォンの電池があっという間に減ります。そうこうしているうちに、玉祖神社に到着し、これから少し行ったところにハイキングコースがあるはずなので、歩いて行ったのですが、道を間違え十三峠に向かう車道を歩くことになりました。もう少し、しっかりと地図を調べておかないと時間のロスになりますね。道を間違えたときに、いつも感じることです。ぐねぐねとした車道を歩くこと40分くらいでしょうか。一つ目の目標ポイントである水呑地蔵尊に到着しました。ここの標高が300メートルくらいありますので、景色は良いです。この辺りでじっくり運用するのも楽しいかと思ったくらいです。

f:id:tanupon55:20210505180748j:plain

近鉄 服部川駅 山本駅から信貴線に乗り換えてひと駅です。

f:id:tanupon55:20210505180759j:plain

服部川駅 出たところの案内図。今見ると、外から来た人には大雑把すぎる地図です。

f:id:tanupon55:20210505180813j:plain

f:id:tanupon55:20210505180832j:plain

民家の畑に植えてある花

f:id:tanupon55:20210505180855j:plain

f:id:tanupon55:20210505180910j:plain

玉祖神社とその近くから見る大阪平野

f:id:tanupon55:20210505180938j:plain

f:id:tanupon55:20210505180925j:plain

水飲み地蔵と休憩所から見る展望 いい景色ですね。
電波良く飛びそうです!ここでは運用してないです。

f:id:tanupon55:20210505180952j:plain

ここからは、ハイキングコースで十三峠を目指します。

約30分ほど歩くと、十三峠に到着します。日頃430MHzを聞いていると、十三峠移動で運用されている方がいらっしゃいますが、このあたりにある駐車スペースで運用されているのだと思います。信貴生駒スカイラインの中だから、有料道路の交通料を払って入られているのかな?十三峠から更に道を進んで、高安山を目指します。信貴山まで整ったハイキングコースがつながっているようです。実は、十三峠から高安山方面の登山道がどこで分岐しているのか分からず、笹藪に迷い込むところでした。良く案内図を確認すると、もう少し先に分岐があることが分かりました。

f:id:tanupon55:20210505181007j:plain

十三峠です。石仏が目印となりお出迎えしてくれました。

f:id:tanupon55:20210505191034j:plain

十三峠からの眺望です。この左手に、数台車が置けるスペースがあります。

f:id:tanupon55:20210505181022j:plain

高安山方面への分岐 しっかりとした道標があります。

f:id:tanupon55:20210505181037j:plain

分岐点には、分かるように道標があります。

f:id:tanupon55:20210505181056j:plain

きれいに整備された登山道です。

f:id:tanupon55:20210505181115j:plain

もう一息ですね。山頂を目指します。

山頂は、大阪管区気象台 高安山レーダーのすぐ近くだったのですが、ここも分かり辛くて、あちこち探し回ったあとようやく分かりました。

f:id:tanupon55:20210505181129j:plain

f:id:tanupon55:20210505181145j:plain

気象庁高安山レーダー

f:id:tanupon55:20210505181203j:plain

高安山山頂の道標、小さいので見落としてしまいますね。

f:id:tanupon55:20210505181237j:plain

f:id:tanupon55:20210505181223j:plain

高安山山頂 三角点も見つけました。

f:id:tanupon55:20210505181252j:plain

山頂は、そんなに広くはありません。

山頂では、先客がいらっしゃいました。ハンディ機を持って運用をされていたJJ1*YR局でした。連休で関西圏にお住いの家族を迎えに来られたついでに、運用をされたようです。ここで、JJ1*YR局と隣どおしでQSOをして頂きました。1時間ほど運用をされており、約10局と交信をされたと言われておりました。わたしの方は、これから運用を開始する旨お伝えし、JJ1*YR局はこちらを離れられました。FBなQSOと突然のアイボール、ありがとうございました。

こちらでは、6局と交信し13時前に撤収し、別の場所を探しに移動をしました。雨が降る気配はありませんでしたが、時より突風が吹くのが心配でした。

移動方向は、ケーブルの乗り場の方です。展望台とかありそうなので、そちらの方向に移動をして運用できそうな場所を探しました。

ケーブルカーの駅のすぐ横に、展望台とベンチがあります。今日は人も少なく、ベンチが空いていましたので、そこを利用させて頂きました。

f:id:tanupon55:20210505194813j:plain

ごじゅうからガーデン 展望台

f:id:tanupon55:20210505195201j:plain

運用でお借りしたベンチ

f:id:tanupon55:20210505181309j:plain

f:id:tanupon55:20210505181324j:plain

ごじゅうからガーデンと眺望

ここでは、3エレ八木をカメラ三脚に立てて運用を開始、大阪市住之江区茨木市池田市の各局と交信したあとに、宝塚市の小学6年生の局長さんから応答を頂けたことが印象深い出来事でした。お父さんもアマチュア無線をされているようなのですが、しっかりとした交信をされていました。年齢層が高い世界なので、若い人たちに無線を楽しんで貰えることは喜ばしいことです。5局目、泉佐野市のJR3*DO局と交信したところで、雲行きがあやしくなってきたため撤収となりました。各局様ありがとうございました。

東隣の信貴山を併せて、またこの場所には足を運びたいと感じました。帰りはケーブルで下山しました。雲行きは怪しかったのですが、何とか雨に濡れずに帰宅することが出来ました。今日も楽しい一日を過ごさせて頂きました。

良い天気なので、狭山池でオンエア

4/25(日)コロナウイルス感染拡大により、大阪府では本日より緊急事態宣言が発令されており遠出は出来ませんが、近くで密にならない場所なら良いという自己判断で、今日は狭山池までやってきました。どんだけ、外で運用するの好きやねんて感じですよね。

午前中 家の用事を済ませ、天気がこれだけ良いともったいないで昼食取る時間を惜しんで出掛けました。実は、昨日運用した陶器山にさきほど行ったのですが、昨日にも増してコバエが多く運用できるような状態じゃなかったので、以前ランニングに出掛けて見通しが開けている場所と知っていたので ここ狭山池に来てみました。

430MHz、144MHzをワッチしていると、数局移動先から運用されている方がいらっしゃったので、何局かお声掛けしたのですが、QSO出来たのは2局でした。

1局目は、和歌山県橋本市 南葛城山移動 JO3*LQ局 蔵王峠から登山されたらしく、私と同じように登山と無線が好きな方で、登山の話題で共感出来たことが良かったです。2局目は、寝屋川市移動ののJO3*RD局 移動運用にアクティブな局長さんで、何度かCQステーションでお声は聴いたことがあったのですが、QSOして頂くのは初めてでした。お互いきれいに受信出来ていた訳ではないのですが、51/51で交信することが出来ました。他局に負けて応答してもらえないと思ったので、応答頂けて良かったです。

 

f:id:tanupon55:20210505162148j:plain

狭山池から見える晴れ渡る空

f:id:tanupon55:20210505162048j:plain

ハンディ機のみでの運用です。いつも通り1W送信です。

f:id:tanupon55:20210505162119j:plain

ハンディ機のみ お手軽運用のスタイルはこんな感じです。

f:id:tanupon55:20210505162131j:plain

南方向の山 正面右は岩湧山(897m) その後ろに 南葛城山(922m)と思われます。
狭山池から直線距離では、16kmくらいの距離です。

f:id:tanupon55:20210505162205j:plain

狭山池の石碑

f:id:tanupon55:20210505162221j:plain

狭山池入口のつつじは見頃

遠くに行かなくても移動運用は出来ますので、天気の良い日は移動運用に
出掛けたいと思っています。

陶器山 あまの街道から天野山

4/24(土)明日からコロナウイルス感染拡大により、緊急事態宣言が発令されることになりましたので、今後遠出は控える必要があると思い、土曜日はトラックの無線利用が多いと思いながらも、ちょっとした移動運用に出掛けました。

往路は自宅から徒歩です。自宅から天野山までは、たぶん13kmくらいあったのではないかと思います。そもそも天野山の位置を良く分かっていなかったのですが、関西サイクルスポーツセンターの直ぐ近くになるので、それくらいの距離は歩いていると思います。自宅を出発したのが9時30分、陶器山到着が10時40分、1時間ほど運用をしてから天野山に向けて移動、途中天野山の入口が分からず迷ったため15時になりました。もっと近いと思っていたので、16時くらいには全部終わって帰宅しているつもりでした。ですので、天野山の遠さにちょっとびっくりしました。場所としては、河内長野市になりますが、堺市の南端、和泉市にも隣接する場所となります。なお、Google Mapで天野山を検索しても、山頂は出て来ません。長野公園の中にあります。

 

f:id:tanupon55:20210505141921j:plain

陶器山の古い道標 歴史を感じますね。

f:id:tanupon55:20210505142003j:plain

陶器山付近 水道局の敷地になるので立入禁止の標識が幾つかあります。

f:id:tanupon55:20210505141934j:plain

水道タンク 三角点はこの中にあるようで確認はできません。

f:id:tanupon55:20210505141948j:plain

陶器山 山頂付近での運用 コバエが多くてたいへん。

話が前後して恐縮ですが、上記の写真が陶器山での運用風景です。こちらでは、吹田市のJA3*AL局、堺市中区のJA3*PN局にお声掛け頂きました。土曜日なので、やっぱりトラックの無線と混信が始まり、別の周波数に移動して運用を行いました。

11:45頃、陶器山を出発して天野山方面へ移動を開始。天野街道、途中までは尾根づたいの山道ですが、大阪狭山市が終わって河内長野市に入る場所になるとアスファルトで舗装されたふつうの道路に変わってしまします。ここからが結構長かったです。トランシーバーは、430MHzと144MHzをワッチしながら歩いていて、運良く金剛山山頂より運用をしているJQ3*KE局と交信することができました。金剛山は、天野街道から見通せる場所であったため、59/55でレポートを交換することができました。JQ3*KE局とは2回目の交信です。前回は、当局が金剛山、JQ3*KE局が大和川河口で運用をされていました。前回とは反対の立場での運用でした。途中、河内長野市の下里運動公園、青賀原神社を通って天野山付近にアプローチします。

f:id:tanupon55:20210505142032j:plain

立派な道標があります。

f:id:tanupon55:20210505142105j:plain

f:id:tanupon55:20210505142123j:plain

穴地蔵さん 体にある穴にご利益があると言われるお地蔵様です。

f:id:tanupon55:20210505142142j:plain

自然に咲いている藤の花 毎年きれいに咲かせているのでしょうね。

f:id:tanupon55:20210505142159j:plain

途中、JQ3*KE局と2mで交信。ありがとうございました。

f:id:tanupon55:20210505142215j:plain

下里運動公園 新しいグランドです。こちらは河内長野市です。

f:id:tanupon55:20210505142235j:plain

f:id:tanupon55:20210505142250j:plain

青賀原神社 ハイキングルートの休憩ポイントにもなっています。

天野山金剛寺が見えて来ると天野山登山のゴール地点も近いのですが、ここから天野山に上がる場所が分からず、探し回った末に天野山金剛寺の方に尋ねて、展望台のことではないのかと言うことで、その場所を教えて頂きました。場所は、長野公園の中に位置しますので、長野公園で調べないとたどり着けません。

f:id:tanupon55:20210505142306j:plain

入口はこちら。チェーンのある上り坂が目印。

f:id:tanupon55:20210505142323j:plain

展望台の案内、山頂はここを左に。右に行くと展望台があります。

f:id:tanupon55:20210505142337j:plain

途中省略しますが、イノシシ除けの柵を開けて入ると頂上付近になります。
このあたりで運用をしました。

f:id:tanupon55:20210505142417j:plain

天野山金剛寺 拝観する時間がありませんでした。
次に来た際、拝観させていただきます。

天野山山頂では、堺市南区 JP3*TJ局と交信を頂きました。コロナもあり外出は自粛されているようでしたので、コロナが落ち着いた頃にはどこかの山でアイボール出来ればと思っております。

帰りは天野山バス停から河内長野駅に出て、南海電車、泉北高速線にて帰宅となりました。外に出掛けるには、良い季節になりました。密にならないように、運用をしたいと思います。